滋賀の税理士 ビジョナリー会計事務所

事業資金は足りていますか?

事業資金は足りていますか?

画像の説明


こんにちは!


滋賀県大津市で、個人事業主様・中小企業様ををお手伝いしております、
ビジョナリー会計事務所です!


今日は少し恐ろしい事実をお伝えします。。


ご存知ですか??


会社の倒産(廃業)の原因は90%が資金繰り悪化によるもの

と言われています。


今度は良い事実を、、


創業(開業)1期目、さらに新規設立(新規開業)6ヶ月以内は融資実行率が高い

と言われています。


【創業期は融資実行確率が高い!】

金融機関は、基本的には実績のある会社(事業主)にしか資金の貸し出しを行いません。
ただ、創業期に限っては実績ではなく、将来の計画に対して融資を実行してくれます。

したがって、創業期は比較的資金調達が容易であると言われており、当事務所では実績が出る前に創業融資を実行するべきであると考えております。
特に創業(開業)後、6ヶ月以内が適切な資金調達の時期です!

創業(開業)半年を過ぎると、事業実績を求められることがあり、事業が軌道に乗っていない場合は融資が厳しいと判断されてしまうことがあります。


【融資を受けるリスク・受けないリスク】

融資を受けるとなると、「借金を抱えてしまう・・・」という、ネガティブなイメージを持たれる方もいらっしゃることかと思います。
しかし、安定的な経営をするためには十分な資金を蓄えておくことが重要です。

融資を受けるリスクは、

『金融機関から融資を過度に受け過ぎて、資金が余り少額の余分な金利を払うこと』

であり、

融資を受けないリスクは、

『必要最低限の資金で運用し、資金は枯渇して継続が困難(倒産)に陥ること』
です。

どちらが低リスクであるか、お考えください。


ビジョナリー会計事務所は、
これまでに数多くの資金調達にも携わっております。

資金調達実績例


好条件の融資を成功させるための"秘訣"とは


ずばり、、

画像の説明

【専門家を活用した『中小企業経営力強化資金』制度がおすすめ!! 】

「中小企業経営力強化資金」制度とは、中小企業庁より中小企業に対する支援の専門性が高いと認定された専門家(経営革新等支援機関)による支援を受けることで、活用することが可能な日本政策金融公庫の優良な融資制度です。

「中小企業経営力強化資金」制度には様々なメリットがあります。
詳しくはこちらのページをどうぞ。



融資申請の際、下記1つでも該当する方は要注意です!!

[check]融資について自力で一から情報収集して申請予定の方

[check]毎日の業務に追われて、申請の準備が全く出来ない方

[check]フォーマット通りの事業計画書を作成予定の方

[check]「ポイントは窓口の人に教えてもらったから大丈夫!」という方

[check]面談で見られるポイントを知らない方

[check]ご自身にとって適切な融資制度を知らない方



ビジョナリー会計事務所は、経営革新等支援機関に認定されております!

是非お気軽にお問い合わせください!

→TEL:077-516-7371 ビジョナリー会計事務所

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional